ホタテ料理にはこんな基本とコツがあります

貝柱の切り方を工夫しましょう

有名な産地で獲れたホタテは、肉厚でいて身がしっかりと締っており、食感もプリプリとしています。料理方法としてはホタテを横に開いて食べることの方が大半ですが、ホタテを縦に切って食べると、ギュッとした歯ごたえを感じることができ、楽しみも増えます。つまり、ホタテの繊維を横に切るのではなく、繊維をそのままの状態に活かして切るのです。どんなホタテ料理を作るかによっても変わってきますが、料理に合わせて身の切り方を変えることで食感も様々に楽しめることを覚えておきましょう。

ホタテの殻はどのようにしてむけばいいの?

ホタテの貝殻は上下に1枚ずつありますが、上と下とでは同じ形というわけではありません。実は上にある貝殻は丸みを帯びている形状になっていて、下にある貝殻は平らな形状になっています。殻むきはまず下側の平らな貝殻を下にすることが基本です。
そして、下側の貝殻にナイフを入れ、少しずつナイフを動かしていきます。そして、中央部にある貝柱と貝殻がくっついているところを切り離します。切り離した後、今度は丸みのある上の貝殻を下にして持ちますが、貝柱にある黒い部分は食べられないため、これは取り除きましょう。さらに貝柱と貝殻の間にナイフを入れて、再度少しずつ動かしながら分離させていきます。これで貝柱だけになり、食べられるわけです。

冷凍ホタテをうまく解凍させるにはどうしたらいいの?

冷凍したホタテを解凍する際は、冷凍庫から冷蔵庫に移し替え、約半日凍った状態が溶けるのを待ちます。時間がない時はビニール袋などに入れて口をしばり、水をあてて解凍するか塩水に浸すようにしましょう。ここでポイントですが、真水に直接浸してしまうと身のプリプリ感がなくなり、水っぽくなってしまうので気をつけましょう。
また、ボールに氷をたっぷりと敷き詰め、小さじ1杯程度の塩を氷に振って、この中に冷凍ホタテを入れます。ボールにラップし、常温の状態でしばらく放置すると、冷凍ホタテは徐々に解凍されていき、まるで生ホタテのような食感になるのでおすすめです。

http://www.takahashishoten.com

ホタテのみみはどうやって使えばいいの?

ホタテのみみを捨ててしまう方もいらっしゃるようですが、これは非常にもったいないので残さず料理し、おいしくいただくようにしましょう。みみは塩もみし、汚れやぬめりを落としながら料理します。
ホタテのみみは和え物や酢の物、煮つけや刺し身などでいただくとおいしいです。