上野のカウンターで食べる寿司について

アベノミクスで景気回復して来てもやはり回転寿司にいく方のほうが多いと思います。私は元個人経営の廻らないおすし屋さんで働いていた経験があります。回転寿司には無い魅力が沢山あります!値段が気になり怖いと思われる方作法が解らないから敬遠されている方など居ると思いますが大きな間違いです。お寿司はお箸で食べようが、手で食べようがどちらも正解なんです。難しく考えず上野の寿司にチャレンジしてみて下さい。

若いお客様が来ると結構働いてる親方さんなんかも嬉しいもんなんですよ!やはり年齢層が高めですから。

ただこんな感じだとこいつやるな!と思われる一通りの流れを教えたいと思います。まずいきなり寿司は頼まないことです。回転寿司全盛の時代なので、寿司から注文したい気持ちは解りますが、まず刺身そしてお勧めのおつまみ等を聞き作ってもらいましょう。喜んでお勧めの物を作ってくれるはずです。解らないことは相手は回転寿司とは違いプロですから聞くのが一番です。そして日本酒を飲み大将とお話をする。こういう流れが自然に出来るように

なると一人の男としてランクが上がったと言えると思います。お寿司を頼む順番ですが、味の薄いものから濃いものに順を追っていくのが良いと思います。
最後は玉子で締めてかっこよく終わればあなたも立派な上野のお寿司通と言えるとおもいますよ!